水中を自由に潜るために|インドアでも本格的な練習ができるゴルフスクール

インドアでも本格的な練習ができるゴルフスクール

水中を自由に潜るために

ダイビング

健康維持が大切

スキューバダイビングは慣れてしまえばほとんど体力を使わないレジャーのため、高年齢になっても続けられる趣味です。しかし、水の中は救急手当てをすぐに取り掛かることができないので、普段からの健康維持が重要になります。筋トレやダッシュのような瞬発力や筋力を鍛えるような運動は必要ありませんが、普段からジョギングやウォーキングをして健康を維持するようにしてください。ダイビング指導団体によって異なりますが、45歳以上の人がダイビングをはじめるときには医師の診断書の提出が必要になることがあります。それより若い年齢の人でも呼吸器系や循環器系、または精神疾患を抱えている人は医師の診断書が必要になる場合があるので、大阪のダイビングショップに相談するようにしてください。

上達するコツ

ダイビングを始めたころは、水中で自由自在に動くことが難しく、その場で止まっていることもできないため、どうしても余計な体力を使ってしまいます。慣れてくると水中でピタっと止まることができるようになり、陸上での運動よりも体力を使わなくなります。大阪から海外などのリゾート地にダイビングにいくとすると、一般の人では年に1回か2回しか潜りにいくことはできません。そこで大阪のダイビングショップのツアーを利用して、月に1回を目標に潜りにいくようにしてください。間をあけるとどうしても上達のスピードは遅くなってしまいます。特にダイビングをはじめたばかりのときには、間隔を空けないように潜りにいってください。大阪のダイビングショップのツアーは日帰りでも潜りにいくことができます。